日本酒

酒と肴

トウモロコシは古代種の方が美味い。当たり前だけど。まあそういう味覚じゃない人も居るけど。 牛蒡とマコモダケ、頂き物の飛騨牛。 やっぱこれだねえ。。。

9/10ジャガイモ追加 12葱 玉葱発芽開始

作業メモ 雨がちなのが幸いし野菜の発芽状態は良い。 日本酒メモ 賀茂金秀うまいのう。 珍味メモ 無添加塩辛 黒造り うるか 瑞浪部隊の稲刈りを手伝う。

8/29 イ黒米 大豆 開花 

前記事の豆の記事中に訂正。花椒は自家製ではなかった。ささげ、唐辛子、ニンニク、生姜が自家製でした。 黒米もう開花始めたか。。。 残念な圃場の様子二枚。水が来てないことが分かる。せっかくの広い株間もこれではもったいない。。。不耕起部分は成育が…

8/25 採蜜 ム1除草 さらば日風水酔

継ぎ箱し採蜜。 一段採蜜。小型ブロアのおかげで犠牲激減。 さらば日風水酔。 除草剤耐性をつけた雑草、殺虫剤への耐性を持つゴキブリ、、、ヒトにも出てくるんだろうなあ。 サバイバルは予測していたがこの形だとは思ってなかった。 野性頼みか。 色々問わ…

8/9 ム4除草 コナギ食 無農薬無肥料米の酒

朝露。 ム4山田錦。手前はマコモ。 イネの成育が良いのは藁山跡。 ここまで無除草だったが成育の悪いエリアが意外と多く、もっと早く除草に入るべきだったと反省。がその余裕は実際無かったのも現実。 大きくなったコナギを食べてみる。 コナギミーツウチの…

6/24 一回休み

終日全身筋肉痛で動けず笑。 明日から再開! 友人農家の調味料。美味い!これだけでいい。

6/17 ※来年へ向けメモ

イ1、2手植え ム1〜4ちょっとずつ本代掻き 紅芋植え付け ※イが水が溜まらず難航。ここは代掻き翌日植えるのが良い。土がすぐに固くなる。 ※籾蒔きの時間差は1週間程度では狙った結果にはならない。

5/28山田錦追加播種

500g追加。全部で約3.5キロ(乾籾)蒔いたことになる。全て畑苗代で育苗は今年初。 これで必要な総量がだいたい算出できるので来年以降の参考にできる。 誕生日の祝いにお酒をいただく。

5/12山田錦第一弾浸種

10日に浸種してしまったトヨサトと7日浸種の黒米第二弾がもう催芽状態。 今日明日どうしても播種できないので冷蔵して週末まで置いておくしかない。 そしてやっぱり酒屋に行くと買ってしまうのだ。 今年も酒米を作るのでこれは必要な研究なのです。 友人から…

苗代作り

黒米用の苗代。トラクターで耕耘し鍬で畝っぽくし手作業で表面を整える。 秋起こしもしなかったし苗代作りも播種ちょっと前になった。 水が抜けない田んぼでは荒代掻き状態で一回目のトラクター作業。 まあこれでもイケるんじゃないかという予想の下に。 素…

日風水酔

開栓後日数での違いを。 しかし酔うな、この酒。。度数高めの17度。 グリーンピース、新玉葱、早採りのニンニク、ニンニクの芽、フローレンスフェンネル、を丸ごとか半割で弱火で蒸し焼き。グリーンピースは食べる時に剥く。途中で九州の友人の作っている塩…

毎日開栓

二日目、三日目、四日目、、、と楽しむために毎日新しい瓶をおろす贅沢。 ああ酒が無い、買いに行かなくちゃ、、、というストレスからの解放。 酒の自給、達成。 ありがとう丸一酒造さん。阿久比に足を向けて寝れないw

開栓三日目

禁酒法か。。 戦争近いな。。

酒造りへの道’20完結

hihumiyoi.hateblo.jp ここからほぼ一年。 誕生日のちょうどひと月前、満月の日に初飲み。 感無量。 丸一酒造さん感謝無量。 ご縁のあった皆様へ感謝。 自分で作った野菜は自分にとって一番うまいという法則に則って、この酒は自分にとって一番美味い。 最高…

今日から搾るそう

ついに!いよいよ! 分析用に少し取ったものを味見させていただく。 こちらはダミー。 こちらは中身入り。

農塾みたい

不耕起田の苗代作り。これだけの人数でやると一瞬。 レンゲは種を採るために残す。 昼食に差し入れの押し寿司とお酒。

円形田んぼ

今年のヒ。 不耕起再チャレンジ。明日は苗代準備と草刈り。 今日は一日色々と。そしてこれ。ああ6号酵母。

ラベル

悩む。ウチにある空き瓶の中に紛れさせてみる。 タラの芽、キクラゲ、スギナ(お茶用)、ユキノシタ。 過去記事で円形に藁を敷いてた田んぼ。 ここで今年は稲作体験のようなことをしてみる。 不耕起稲作が上手くできれば自給者にはありがたい。 穫れる量は最…

エンドウ

エンドウの花。美しい。 ノビル、タラの芽は酒の肴で ツルツルで縁起がいいや。

星に願いを

丸一酒造さんに納めた山田錦の仕込みの様子を蔵人さんが特別に(通常は作業中スマホ禁止)撮影して送ってくださいました!!! 一年前の当ブログを見ると田んぼの準備をしてるはずなんですが、ここまで丸一年の苦労が思い起こされます。

コンフリー

数年コンフリーの効果について観察してきた。 かなりの株数になったがまた2の畑であちこちに移植。 ついでに遊ぶ。塚型の畝を上から撮影。 ゴボウも掘る。血肉になる味。 そしていただきもののお酒を味の変化を楽しむ前に飲み干してしまう。

誰?

とある神社の方が仕込んだという生酒。美味しかった。

あべ

各種イベント無事終了し畑仕事に戻りました。 たねまきまつりで知り合った人達の参加もあり楽しい日曜でありました。 3の畑に炭素埋設。

つくし出た

日本酒メモ