8/2 イ敷き草 ム1除草

記事の無い数日は草刈りや用事に追われた。

 

ム1、二回目の除草。生育悪いか?一番最後に植えた圃場なので判断には早いか??

 

 

 

 

イ1に敷き草。

 

初期除草しないで良かったのだが途中で雑草の勢いに追い抜かれた。。。

 

イ2山田錦はほぼ無除草。アゾラコントロールは課題。

 

 

 

 

 

物質界においてもとかく進歩は目覚ましいと思えますが、精神的な世界(目に見えない領域のことなのですが)においても同様な進歩が起こっているのでしょう。

 

例えば便利な技術を皆が共有できるように、真実を皆が共有できるようになるのかもしれないですね。

 

 

7/28 狐のロウソク ム1畦刈り

f:id:hihumiyoi:20210728194655j:plain

f:id:hihumiyoi:20210728194705j:plain

キツネノロウソク?と何?

 

 

 

 

ハチ刺され跡は痒くなってきた。

 

刺された時の処置は

 

ポイズンリムーバー→電子水を刺された部分にかける

 

これでアシナガバチなら腫れも無いはずだが、刺された時の痛みといいその後の経過といい、キイロかヒメスズメバチだったか。

 

刺された翌々日の今日は若干腫れが引き痒みが増す。ドクダミチンキを塗ってみているが。。

 

 

畦刈りをしてたら、、、ツボクサだらけじゃないか?!

 

 

7/27 イ畦刈り ム1除草

f:id:hihumiyoi:20210728065254j:plain

畦刈り前のイ。昨日の写真と同じ黒米だが生育悪し。この圃場はこうなることが多い。水路の一番最後に当たる田んぼで水もあまり来ない。

 

一畝未満の不耕起部分だけは生育良好。全体だと一反は切るくらいの広さだがこれを全部不耕起にしたら大変かなあ。。。やってみたいな。。。

 

 

7/26 コ再び取水    ツボクサ ゴッコーラ ハチに刺される

知人にツボクサという植物を教えてもらったのだが、よく見ると田んぼ周囲に自生している。

 

薬草の中でも特に重要視される植物らしく(若返りのハーブだそうな)、先ず茶などにして自分が摂取してみようと思う。

 

薬草、ハーブ類は積極的に栽培しているのでこれもその内の一つにしようかと思う。

 

コの水を抜いて一週間経ったのを今朝ハッと思い出した。ツボクサは記憶力向上などボケ防止にも役立つらしい。いいタイミングで現れたか。

 

そういや数日前、自宅から田んぼまでの道でデッカいカブトムシが飛んでいた。自分の身体が重そうな感じで。昼にツボクサ10枚くらい食べたおかげで思い出したのか?

 

そしてコに再び水を入れに行く。

 

田植に来た皆さんにはぜひその後を見てほしいといつも思います。

 

一本の苗がここまで育っています。

 

除草は一回。

 

ここは藁を持ち出さず冬期湛水に戻したい。

 

ちなみに当地域では冬期に水路に水は来ない。

 

地下水と雨水を使えるのはこの圃場のみ。できれば他の圃場もそうするかもしれない。

 

誰でもできる、機械の要らない稲作の方法は模索している。

 

 

 

 

昨年から畝を作って再開した不耕起エリア(ヒ、イ、ム)の成育が良いのには驚いている。

 

川口先生式自然農では大苗を植える、その訳が分かるかもしれない。

 

正直なところ田植も最後の最後で大きくなり過ぎた余りの苗を植えたのだが、その後の生育が良い。

 

下はコの黒米イネ。

 

f:id:hihumiyoi:20210726192122j:plain

f:id:hihumiyoi:20210726192134j:plain

葉先の黄変箇所がただの水切れだとよいが。。。。

 

 

7/24、25読者諸氏へ

ム2除草とトリの世話、食べるものの収穫くらい。

 

奇特にも当ブログをチェックしてくださる方々、ここのところつまらなくてすいません。

 

この時期はホントに忙しくて毎日クタクタなのであります。

 

加えて本当のことが言えない世の中になってきたという理由もあるのですが、それはそれでコトバを徒に増殖させることに加担するのもどうか、と思っている自分にとってはこの先に繫がるイマなのかなと思ったりしてます。

 

根本的に見直す必要があるのではないか、とこの10年くらいは考えております。あくまでワタシの眼の前にある現実に対しては、ということではありますが。