自然農 長久手ver. 自給農 

やはり日中暑い。昨年地獄だった7〜8月、今年は少しだけましだったと思ったら9月の猛暑日。玉葱播種日は間違ったか。さすがに灌水する。 前記事のはしょり具合がすごくてほぼ意味不明かもしれません。そういうのはたいがい酔って書いている時です。 ゴジ…

猫の体熱がありがたい気温です。 田畑をやってることで害す健康もあると思っています。その上でこちらを選択しました。 様々な有害物質を含む外気や光線、熱などに曝(さら)されています。時には体力の限界近くまでその環境で肉体労働するのはキツイことで…

自然農 長久手ver. 自給農 玉葱の種蒔き

去年より二日遅い玉葱播種。二品種の片方の蒔き時がやや迫っているのでそちらから。 自給分ギリギリの小袋5袋だけなので知れている。 去年上手く苗が育った近くに蒔いた。スジ蒔き、薄く覆土、その上に籾殻燻炭。燻炭は梅雨の間に自分のトコロの籾殻で作っ…

猫ヶ洞ぽけっとマルシェ9月

猫ヶ洞ぽけっとマルシェ。今月は夕方からです。 www.facebook.com カボチャが育ち過ぎて多くの畑が占領されている。。 蔓を剪定しないのでウリ科は延び放題。 キュウリは多くが忘れ去られ魚雷に。。 蒔いた覚えの無いウリもできている。 この時期稲刈りにな…

愛の古戦場汁

仲間が料理の試作に使うために黒米モチ粉を練ってくれました。 それをスープに入れるのです。火縄銃の弾丸をイメージしています。 ここは古戦場の地。姉妹都市ワーテルローも古戦場の地。 長久手(長湫)とワーテルロー、共に「湿地」の意味を含みます。 地…

アシナガバチ消える

九月頭だというにアシナガバチの中〜大の大きさの巣いくつかが空になった。 十月頃に越冬準備に入るものだと思っていたけれど。あれ?毎年こうだったっけ? 早くないか? 今日は訳有ってオオスズメバチを殺しに行かなければならない。巣の駆除でもないので業…

実り

実りの時期を迎えた稲達が朝露に濡れ、太陽の光を浴びてキラキラと光っています。 なんと素晴らしい眺めでしょう。 これを眺めるには都会生活時に「自分の時間」と呼んでいたものを捨てなければなりませんでした。 そうして良かったとつくづく思います。 今…

自然農 長久手ver. 自給農 田んぼアート

円くイネを植えている正方形の田んぼがあります。何故そんなことをしているかというと面白いし美しいと思うからです。 今年は真ん中に赤米を植えてみました。穂が出てくるとそこだけ赤くなるので、田んぼの中心に赤い円ができています。5月末の田植から8月…

自然農 長久手ver. 自給農 ユリネ

少し前の記事中のユリネ。 昨夏地上部が暑さで全部枯れ収穫も再植え付けもしなかったらこうなった。 大きな塊が三つ見えるが一昨年はこれらは元々それぞれ手に乗せた一個くらいの大きさのものだった。 これらを今年はバラして別の畑に植え替える。手に乗せた…

自然農 長久手ver. 自給農  米危機その後

うるち米が無くなりそうなのでウチの黒米と交換してくださいという呼びかけには応え無しだったが20キロほどの籾がまだ有ったことが判明。新米収穫までそれで食いつなぐことができそうだ。 ここのところどうしていたかというとモチ米とジャスミンライス、黒…

自然農 長久手ver. 自給農 食卓

キュウリ苦瓜かりもりカボチャ、、ある日の食卓がほぼウリ科でちょっとテンション下がる。。。 「今日はアレが食べたい」 というのはウチでは無い。その時成るもの、有るものを食べるのデス。 それをいかに労せずして実現するか、そのために色々と努力してい…

自然農 長久手ver. 自給農 秋野菜

昨年の秋冬野菜それぞれが今年の春に種を付け、自然にそこいらじゅうに散らばっている。 涼しくなったのでそろそろ雑草を根から抜き始めたが、雑草の中で芽吹いている野菜がたくさんある。 それらに注意しながら草取をするのは手間だが、種を蒔く仕事は省け…

ねこがほらぽけっとまるしぇ

www.facebook.com 明日です。 国内最小規模のマルシェ。 ウチには売るほどの野菜は無いのでハーブとか コナギ持っていこうかな。。。

自給グルメへの道

珍味、というとちょっと違うが昨日ユリネを掘ってみた。昨夏は途中で地上部が枯れ、収穫/再植え付けしなかった。 ニンニクと同じで案の定同じ場所に小さいものが沢山できていた。今年は場所を変えて再植え付けしようと思う。 スーパーに行けばすぐ買えるけど…

珍味

岐阜の酒(小左衛門)と岐阜のうるかで飲る。 言うこと無し。最高だ。 このうるか、かつて岐阜の山間部では野鳥のはらわたでも作っていたらしい。なるほどなあ。 黒穂菌をトウモロコシに感染させてみようと試みているがうまくいかない。去年できた真っ黒い種…

自然農 長久手ver. 自給農 出穂

ム1(HP内map参照)のタイ米の変種と思われる稲に穂が出ている。やはり形質の異なるものが出てきた。今のところ芒の有無が表れている。時期も昨年同様まばらで、出穂していない株も多い。同じ田んぼのモチ稲(古代米)も出穂(8/17)。株は昨年より元気だ。…

自然農 長久手ver. 自給農

#1 ここは都市部へのアクセスが良く、自給生活を段階的に築くにはちょうど良い。都会の繫がりの中で生きていた人間にとって、いきなり都会との関係を断つと生活に何かと困難が生じる。また都市部からこちらへ来てもらうのにも近い方が良い。 #2 ここは住…

コナギ食 自然農 長久手ver. 自給農 

去年は日照りで野菜が枯れてしまい水田雑草コナギまで食べたものですが、今年も食べてみました。 もちろんですが農薬を使ってないので食べる気になるのですが。 炒め物に入れてみたのですがやはり一番合うのは天ぷらかなあ。ベトナムでは野菜として食べられ…

自然農 長久手ver. 自給農

どうもうるち米の稲の色が薄い所が多い。畦近く、発酵堆肥積載跡、水口付近は緑色も濃く草勢もあるが。 周囲の慣行栽培の稲と比べるとまあ同じくらいなのだが。 んん難しい。育苗時点では他の米より元気な苗だと思ったのだが。。むむ。 コナギはだいぶ抑えた…

自然農 長久手ver. 自給農 冬期湛水田

冬も水を張っている田んぼのその後。 冬期湛水→アゾラ大繁殖→水田雑草除去(手作業)→水を抜きある程度アゾラを枯らしつつ手植え→ある程度稲が育ったところで水を入れ二回目の除草(手作業)、 という経過でしたが稲(酒米と黒米)の生育はまず良好。 ここで…

自然農 長久手ver. 自給農

ああ、トウモロコシ生えたなあと思っていたらタカキビだった。 元々このタカキビは別の畑に突然生えたものだった。鳥のフンにでも混ざっていたのだろうか。できた実(種)を色んな畑にバラ蒔いて様子を見ていたのだが、今年はある一箇所の畑で整列して自然発…

長久手 自然農 長久手バージョン 自給農

私の場合、「こぼれ種のチカラ」を見逃せなかったというか魅入られてしまったというか、言い換えると自然のチカラの不思議を知ろうと思ったというか、そんなところが有ります。 私と家族が食べる野菜は常時こぼれ種から自然に生え、または常時育っている畑、…

先の二つの記事それぞれに「生産者」という単語を使いましたがニュアンスが異なりますね。米を交換してほしい、という記事内では単に「作っている人」という意味合いで、後の記事の方では「この社会構造を良しとした上で農業者という職業に就いている人」と…

無農薬 えん麦(オーツ麦、オートミール)粉 続編

お菓子やパン作りをされている方々に燕麦(オーツ麦、オートミール)の粉を渡したら、クッキーなどになって帰ってきた。 え!?美味しいじゃん。普通に(笑)。とても美味しい。これイイね。 「社会全体で考えなきゃあいけない問題ですね」 よく耳にするが、…

マコモ枕2

マコモの葉を枕に挟んで寝ると非常によく寝れます。おかげで早朝作業ができませんが。普段だとすぐ起き出してしまう私がぐっすり寝てしまいます。 今日も熱中症。緊急で冷房のガンガン効いている店に飛び込みました。日中の屋外作業は控えましょう。十分に気…

マコモ 枕

キアシナガバチ二匹に刺された跡はひどくなり、二日目には肘から先はパンパン。 いつもなら自然治癒に任せるが指先を使う用があり服薬。 安静にしようと寝る際にマコモの葉を沢山敷いてみた。普段よりよく眠れた。 マコモ茶やついでにエパソーテ茶もがぶ飲み…

猫ヶ洞ぽけっとマルシェ7/26

www.facebook.com 明日午前9〜12時です。出店者の皆さんは天候を見て自己判断で出店するかどうか決めてもらうので、雨天でも開催してはいます。

マコモ粉末

業務用のミルで試すも、繊維が残り過ぎ上手くいかない。むむ。 アシナガバチ二匹に刺される。庭の草取中に巣をつついたらしい。 全身に蕁麻疹と喉が締め付けられる感じがあり注意していたが大丈夫そうだ。 試しにかなり熱い湯で刺された部分を洗った。素人考…

無農薬 えん麦(オーツ麦、オートミール)粉

えん麦を挽いてみました。味はけっこうイケる気がします。オ-トミ-ルのふすま粉ってことになるのかな??農薬と肥料は不使用。小麦も挽いて調理。全粒粉なので腹もちがいいこと。ヴィクトル・シャウベルガ-に倣って田畑から鉄を排除している。しかし農具…

長久手 自然農

自然農法に近い、無農薬の農業者、就農希望者の集まりに参加しました。 その後しばらくできなかったウチの畑を手入れして回っています。田んぼにつきっきりで遠い畑には手が回らなかったのです。 いや〜、、、場所余ってるな。。草刈りだけしてるようなもの…