2017年 愛知県 稲刈り体験

稲刈り体験できます。今頃から10月一杯はほぼ毎日稲刈りなど米の収穫やその後の作業が有ります。


親子/グループ参加オッケーです。

参加日時は自由。

無料です。ガッツリ手伝ってくれたら米野菜をお礼に差し上げます。

用具の貸し出しはできますが軍手長靴はご用意下さい。田植え足袋がお勧めです。農協やホ-ムセンタ-などで購入できます。裸足での参加は自己判断自己責任でお願いします。

お気軽にお問い合わせ下さい。


現在は先日の台風で倒れた長粒米タイ米ジャスミンライスとも呼ばれる。おそらくウチのはblue bell品種)を手で刈っています。


ヒフミヨイ農園の田畑は全て無農薬、無化学肥料、動物性肥料も不使用です。


今はマコモダケがフィーバー中です。稲刈り参加者さんに差し上げています。


9/23野外ミニ講演にご参加の皆様ありがとうございました! 

石井先生の学内の畑はウチよりもワイルドでしたが野菜達も元気でした。

自給型の農のカタチの実際例を参加者さん達にお見せすることができたと思います。ありがとうございました。


この月曜夜はみどりの里勉強会に行ってきます。稲作農家の皆さんの今年の成果など聞けたらいいなあ。

 

9/23は長久手へ


http://hihumiyoi.hateblo.jp/entry/2017/08/08/140441

ここにありますが9/23に愛知芸術大学内でちょっとした講演のイベントをやります。

http://nagakute-picnic.com

このイベント「ながくてピクニック」の始まる前の時間に、主催者でもある芸大の石井先生のお話を聞く会です。石井先生は学内に自然農の畑を作ったり野外イベント会場を作って様々なワ-クショップなどを行われている方です。石井先生の畑を案内してもらいながら農やコミュニティデザインなどについてのお考えなど伺う予定です。



今回は石井先生のながくてピクニックというイベントと連動して私達ヒフミヨイ農園の開くト-クイベントが行われます。

簡単に言うとト-クの後はそのままながくてピクニックに参加できます。どちらも無料で申し込みは不要です。


農体験イベントの延長でもあるこの講演は全4回を予定しています。

第二回は10/14土曜午後、藤が丘の「御所丸」さんというお店で食事付きで行う予定です。御所丸さんではオ-ナ自ら野菜を育てられていて、その辺りのお話を伺う予定です。こちらは予約と参加費が要ります。詳しくは後日。長久手市内各所にチラシも配布予定です。


お問い合わせは当方までお気軽にどうぞ。

 

9/10(日)は農体験の日です。

 
 
★午前の部(参加費¥300。詳しくはサイト内「農体験のお知らせ」欄参照)
 
 
今月はニンニク植え付け、タマネギ、カブ、大根、白菜などの種まきの予定です。
 
参加希望の方は、次の1〜7の項目をメールにてお送り下さい。
メールアドレス:hifumiyoinoen@yahoo.co.jp
 
1: 名前(参加者全員)  
2: 人数&子供さんの年齢  
3: 住所  
4: 電話番号  
5: Email  
6: 現地への交通手段(車か公共交通機関か)
7: 農体験後、午後からの通常作業に参加できる方はお知らせください。
*場所がかわります。*内容未定。*各自昼食後集合。*当日決定可。
 
●9時から作業を始めます。準備をして畑に集合してください。駐車場所は現地でも案内いたします。農園スタッフは少し前から現地にいます。 
●未就学児は参加費無料です。 
●けがに注意して下さい。心配な方は各自保険に入るなど、自己責任において対応してください。  
●持ち物:軍手・長靴・ノコギリ鎌(これがあると便利です)・着替え・飲み物など。 
●畑の地図   https://hifumiyoi.jimdo.com/map/ 
●キャンセルは前日までにお知らせください。当日キャンセルの場合は連絡は不要です。キャンセル料などは発生しません。
 
 
 
 
★午後の部(15:30集合となっていますが涼しいので13:30集合とします)
 
今月は午前の部と同じ場所でのニンニク植え付けの実際の作業です。耕作放棄地を利用した不耕起栽培の実験圃場で開催します。午前の部と同じく予約をお願いします。
 
 
 
 
見学や参加の希望は随時受け付けています。お気軽にご連絡下さい。
 
問い合わせ 
hifumiyoinoen@yahoo.co.jp
 
 
9/23祝日土曜日の野外ミニ講演『農あるくらし・ながくて』
11/19日曜日の『おいしいワークショップ』
 
のお知らせもご覧ください〜。
 
明日日曜日の覚王山マルシェのどこかにもウチの野菜が並んでいますよ。
 

農体験のこと

ちょっと整理しますと、

 

・ヒフミヨイ農園では二種類の農体験イベントを実施しています。

 

1.第二日曜午前の畑での農体験

これに付随する内容の各種ワークショップ(「おいしいワークショップ」11/19日曜、12/10日曜)と収穫祭イベント(2/12月曜祝)

 

2.第二日曜午後 及び希望により随時

これに付随する内容の講演会・勉強会(第一回「農あるくらし・ながくて」9/23祝土)

 

 

 

1.は農体験用の畑で行うやさしい「体験」的内容です。

2.は農園の管理する田畑で実際の米作り、野菜作りの作業に参加してもらうことが中心となります。1.も同様ですが不耕起栽培、無農薬無肥料、動物性肥料不使用、が基本です。

 

1.2.の両方の告知が並ぶので混乱しますね。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

長久手で農体験

長久手で農体験 「農あるくらしを」

農は農「業」だけではありません。作物の栽培だけでなく、地域の環境

保全や市民交流も視野に入れた農体験イベントを開催します。年度内に

「農あるくらし」をテーマに様々な講師を招いて講演会も開きます。

f:id:hihumiyoi:20170808134744j:plain

農体験実施

第2日曜午後

■参加費:無料

■集合:13:30(7月〜9月は 15:30)

■場所:毎月申し込み時にお知らせします。HP 地図にてご案内します。

毎日随時

■参加費:無料

随時見学・参加できます。事前申し込み時にご希望時間を伺い、場所を お伝えします。

 

講演会  *他に3回開催予定。決まり次第、公開します。

 第1回 【農あるくらし・ながくて】

〈イベント「ながくてピクニック」連動企画〉

農を取り入れユニークな活動をする大学の先生のミニトーク

9/23 (祝・土) 15:00-16:00 講師:石井晴雄

■募集:20名

■場所:愛知県立芸術大学長鶴池

〒480-1194 愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114 東部丘陵線リニモ「芸大通」駅下車 徒歩12分。

http://nagakute-picnic.com

 石井晴雄[プロフィール]

愛知県立芸術大学美術学部デザイン・工芸科デザイン専攻准教授。地域のクロスメディアデザインをテーマに、 研究、教育、制作を行う。2005年から学生達と愛知芸大の空き地で畑づくりを始める。2008年から愛知芸大 の敷地で、地域の親子と自然体験ワークショップ「フォレスト」を始め、以後ほぼ毎月1回開催する。2014年 から年2回、愛知芸大の敷地や長久手市内で、音楽と農、食を合わせた祭り「ながくてピクニック」を始める。 また2014年には農ある暮らしのポータルサイト「ながくてゆいまある」を立ち上げる。2016年から愛知芸大 の敷地を中心に「三ケ峯里山計画」を立ち上げて様々な活動を行なっている。自然体験ワークショップ「フォレ スト」http://f-o-r-e-s-t.org/ながくてピクニック http://nagakute-picnic.com/農ある暮らしのポータルサイ トながくてゆいまある http://nagakute-yuimaaru.com/三ケ峯里山計画 http://sagamine-satoyama.com/ 石井研究室 http://kankyo-media.com/

f:id:hihumiyoi:20170808140138j:plain

問い合わせ 
hifumiyoinoen@yahoo.co.jp

 

 

 

8/13(日)農体験受け付け中

 
 
来れそうな方は、次の1〜7の項目をメールにてお送り下さい。
メールアドレス:hifumiyoinoen@yahoo.co.jp
 
1: 名前(参加者全員)  
2: 人数&子供さんの年齢  
3: 住所  
4: 電話番号  
5: Email  
6: 現地への交通手段(車か公共交通機関か)
7: 農体験後、午後からの通常作業に参加できる方はお知らせください。
*場所がかわります。*内容未定。*各自昼食後集合。*当日決定可。
 
●9時から作業を始めます。準備をして畑に集合してください。駐車場所は現地でも案内いたします。農園スタッフは少し前から現地にいます。 
●未就学児は参加費無料です。 
●けがに注意して下さい。心配な方は各自保険に入るなど、自己責任において対応してください。  
●持ち物:軍手・長靴・ノコギリ鎌(これがあると便利です)・着替え・飲み物など。 
●畑の地図   https://hifumiyoi.jimdo.com/map/ 
●キャンセルは前日までにお知らせください。当日キャンセルの場合は連絡は不要です。キャンセル料などは発生しません。
 
見学や参加の希望は随時受け付けています。お気軽にご連絡下さい。
 
問い合わせ 
hifumiyoinoen@yahoo.co.jp

カモちゃん

田んぼの畦には何組ものカモのカップルが

羽を休めています。

田んぼをたくさん歩いてくれると除草になるので助かります。

たまに苗箱で寝てます・・・・。これは困る。

f:id:hihumiyoi:20170614021340j:plain